cafe好きパン好きスイーツ好き♪ 美味しいものを求めてあちこちぐるぐる~ そんな食いしん坊のお気に入りあれこれ。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








unknown アンノウン


本日ふたつ目は「unknown アンノウン」

人質なのか、それとも誘拐犯なのか?
密室で記憶を無くした男たちに、命のタイムリミット...


そぉーんなストーリー紹介されたら気になるじゃーないですかぁ。

ポスター 最初に目覚める


人里離れた工場で目を覚ます5人の男達。
5人全員ガスを吸い込んで記憶を喪失。

撃たれて手錠をはめられている男。
椅子に縛り付けられている男。
顔を血だらけにして倒れている男。
異様な光景の中、自分は誰なのか?何故ここにいるのか?思い出せない。
そのうち、5人は誘拐された人質と犯人なんだとわかる。
誰が犯人?人質?自分はどっちだ?
犯人グループの仲間がもうすぐ戻ってくる・・・



フラッシュバックのように一瞬思い出す光景。
協力してここから出ようとしながらも、疑心暗鬼になる男達。

観ているこちらも、少しずつ明らかになる情報で登場人物と同じように判断と想像をしていくので見応えがあります。
最後にはどんでん返しもあり、「おぉ~」といった感じ。

最近は低予算ながらも面白い作品がありますね。

「SOW3」も観てきましたぁ。
これはまた後日にでも・・・





スポンサーサイト



2006⁄12⁄12 00:34 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








サッド・ムービー


だいぶ前に観たもので今更ですが・・・
映画ネタが溜まってきたので続けちゃいます。

まずは「Sad Movie」

消防士&恋人 絵描き&片思いの彼女


別れの瞬間が美しく輝く・・・4組のカップル(男女、親子)のオムニバスムービーです。
それぞれに哀しみを含んで泣けるように作られたショートストーリー。
けれど、あまり感情移入できず・・・そんなに泣ける感じではなかったです。
もちろんじわっとくるシーンもあったのですが、泣かそう泣かそうとしてる感じがして?どうも素直に泣きに入れなかったかなぁ・・・と。

そもそも4組もいらなかったかも?なんて^^;
じっくり掘り下げたらもう少し心に残るラブストーリーになったのかしら・・・と思ったり。
私の勝手な感想ですがぁ。

この中で一番いいなぁーと思ったストーリーは、着ぐるみ(かわいい女の子=白雪姫)を着た声が出ない女の子が、絵描きを目指す青年に恋をする話しです。
着ぐるみを身につけて、声が出ないので動作で感情を表すんだけど、それがとてもかわいらしい。
「素顔は見せれない」「声を出せないことを知られたくない」と、好きだから近くに行くのだけど、なかなかもう一歩が踏み出せず逃げてしまう女の子。
青年は、「素顔を見たい」「モデルになって欲しい」と一生懸命粘る。
仕事仲間(遊園地みたいなところ)の七人のこびと達が、白雪姫(女の子)を守りつつも応援。
ほのぼのです~


同じような恋愛オムニバスで思い出すのは「ラブ・アクチュアリー」
こちらはすごく面白かったなぁ。
やっぱりハッピーエンドの方が好きみたい^^







2006⁄12⁄12 00:17 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

rurutoto

Author:rurutoto
rurutotoで~す。
勝手きままにデリシャスな日々。
あちこちぐるぐる~
デリシャスの輪ができたらいーな。


カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


過去ログ


▲pagetop



Copyright © 2006 にゃんてデリシャスin札幌. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。