cafe好きパン好きスイーツ好き♪ 美味しいものを求めてあちこちぐるぐる~ そんな食いしん坊のお気に入りあれこれ。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド


1970年代、結合体双生児として生まれたトムとバリーはロックバンド「ザ・バンバン」を結成。
過激なステージ・パフォーマンスと恐いほど美しい双子。
観客を魅了して一気にスターダムへ。
そんな伝説のロックバンドとなった双子の短い生涯を描いている。

ライブの双子 トム&バリー

穏やかで優しく社交的なトム、過激で反抗的なバリー。
バリーは繊細な部分を守るために過激であろうとしているよう。
身体は繋がっていても感情も性格も別々。

取材で訪れたローラと恋に落ちるトム。
マネージャーとぶつかり合うバリー。

離れたい。けれど、離れられない二人。


予備知識なく見に行ったものだから、見終わってから、
「これってドキュメンタリー?」「本当の映像も使ってるの?」と、混乱する。
本当の話だとしたら、あまりにも美しくあまりにも哀しい。
そして現実にこんな双子がいたとしたら・・・見ていてドキドキ。

うまく騙された感じです。
(後で思わず調べちゃいましたが、ドキュメンタリー手法で創られた作品だと)

結合体双生児を演じたルーク&ハリーは実際の双子で、11歳からバンドをやっているとか。
だからあれほどのリアリティーがあったのね。
ライブの時の二人はすごかったもの。



試写会が続いてるのです。

「パフューム ある人殺しの物語」
「ラストキングオブ・スコットランド」
「ホリデイ」

順番に紹介できればと思ってまーす。






スポンサーサイト



2007⁄02⁄28 00:32 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








らーめん喜多桜


まだまだ寒い日々が続きますねー。
そんな時にはやっぱりラーメン

ひろダンさんでーす。


ここのお店はホーマックへ買い物したときに「新しくできたのかなぁ?」とか相方と二人で噂(?)していたお店。
新しく出来たお店はやっぱり気になります。

駐車場がいっぱいあるので止めやすいので便利なお店。

お店の看板

ここでも私は「とり醤油ラーメン¥630」と相方「とり味噌チャーシューメン¥850」
写真でちゃんと伝わるかしらチャーシューがどんぶりを縦断してるのってくらいすごく大きいんです。
この値段でこのチャーシューのでかさにはちょっとお得感がありました。

醤油ラーメン 味噌ラーメン


私的には味噌の方が好きかな。
ちょっとピリ辛で相方は汗びっしょり。厚着してるからだっつーの。
くせのない味わいでとってもおいしかったです。
お肉も柔らかくておいしかったです。

醤油は・・・ちょっとごめんなさい。
麺とスープがバラバラな感じがして少し苦手ですぅ~。

ですので、星「

らーめん喜多桜
住所:札幌市清田区北野2条2丁目11番地
営業時間:午前11:00~午後9:00 
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)






2007⁄02⁄25 17:21 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








ダーウィンの悪夢


どういった感想を書いたら良いのか・・・
ちょっと迷います。

ダーウィンの悪夢 子供たち

半世紀ほど前、ささいな試みから外来魚ナイルパーチが放たれた。
もともと生息していた多くの在来魚を駆逐して、どんどん増え続ける。
周辺地域の経済はナイルパーチの産業で潤うけれど、一方では悪夢のような悲劇が生み出されて・・・
新しい経済によって富む者がいれば、いつまでも貧困から抜け出せない者もいる。
(むしろ貧困に喘ぐ人々の方が多い)


ナイルパーチを積む飛行機のパイロット相手に売春する女性達。

加工に使うために捌いた後の魚の残骸を奪い合うストリートチルドレン達。

前任者が勤務中に殺されたからこの仕事を手に入れることができたと話す、安い賃金で危険な夜警をする男性。



そこに暮らす人々の生活、心境、苦悩を映像とインタビューで見せていく。
新しい経済が運んできたものはドラッグ、武器、環境の悪化などなど、けっして豊かさだけではないと伝える。

ナイルパーチは日本にも輸出されている魚とか。
(数年前までは白スズキという名で流通)
この映画は、魚を食べてはいけないということで創られたものではなく、こういったことは遠い世界のどこかの国で起こっていることではない。
近い将来、全世界で起こり得る出来事(悪夢)なんだと訴えている。

ドキュメンタリーなだけに色々と考えさせられました。








2007⁄02⁄24 12:29 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








ノルディックスキー


ひろダンさんが見てきたよぉーと。
いいなぁ~

札幌ドーム開催 スタート

FISノルディックスキー世界選手権札幌大会、見に行ってきました。
正直、とっても寒かったです。

・・・あったかい格好していったのだけれど、全然足りなかった・・・。

開会式には秋篠宮殿下原田選手大黒摩季さん等がきていましたよ。
私のへぼいデジカメでは遠すぎて判別できないとおもいますが・・・。
一応原田選手(他の3人は荻原選手と・・・あと誰だっけ??)の4人が国旗を持ってるところ撮りました。

選手たち

全然わかんないですね。
あと大黒さんも。

大黒摩季

これも全然わかりませんね。

今日の主役は絶対夏見選手ですよ。
日本人最高の5位ですよ
夏見選手が出ただけでものすごい歓声が沸いてました。
ゴールしたときの歓声ときたら本当にすごかったですね。
立ち上がってた人もいましたし。

本当におめでとうございます







2007⁄02⁄24 12:15 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








華麗パン


「華麗なる一族」って見てますか?
そぉ~日曜21時からのキムタク主演のドラマです。
特にファンってわけではないんですけど、いまのところ毎週欠かさず見てるんですよ。
日曜の夜というのがTV見るのに丁度良いんでしょーね。

で、友人からのおすすめで華麗パンを食べてみました。

こちらでーす

華麗パン

ヤマザキ「華麗なる一族」とのコラボで出してるんです^^
味は中辛。
具がゴロゴロと入ってて、なかなか食べ応えありましたよぉ。
ちゃんとカレーパンでした。
(当たり前ですねー)

こだわって作っているようです。


21種類のスパイス石つぼで突いて粉砕し、さらに粉砕前と粉砕後の二度熟成させるひと手間掛けたカレースパイス使用。
従来より肉や野菜を増量。
お肉は赤ワインでじっくり煮込んで柔らかく。
パン生地の表面に「バッター液」なるものをつけて、ハードタイプのパン粉をまぶしてフライしているのでサクサクに。


へーー。
ちょっと感心しちゃいました。
味は中辛しかないよーですね。
105円で華麗な気持ちになれるかも?!








2007⁄02⁄23 01:01 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








マリー・アントワネット


ぎりぎり公開最終日に観ました。
ガーリーな感じが気になってたのです^^

ケーキの中で かわいー

賛美両論ありますが、本物のヴェルサイユ宮殿を撮影に使ったことで話題の映画。
マカロンを始めとするきれいでかわいいお菓子の数々はパリの老舗洋菓子店『ラデュレ』、お菓子に負けないくらいかわいらしい靴は『マノロ・ブラニク』と、女性の心をくすぐる映画ですね。

マリー・アントワネットがオーストリアからフランスへ嫁ぐところから、ヴェルサイユを離れることになるシーンまでを描いています。


「フェルゼンって無理矢理登場させたっぽいよね」という友人に私も同感。
ホントのマリー・アントワネットの世界でも、「ヴェルサイユの薔薇」でも、彼は主要な人物ではあったけれど、こちらの映画ではいまいち存在意義を感じられなかったです。
ビジュアル的に好みではなかったせいかしらん^^;
(整った顔立ちではありましたよぉ)
後半のルイの眼差しの方が、不器用ながら真剣な愛情を感じさせるなぁ。


マリー・アントワネットの生涯を歴史的なことを交えて忠実に再現という映画ではないので、そういったものを求めて観るとがっかりしちゃうかしら。
けれど、貴族の生活、ヴェルサイユ宮殿、華やかなドレスや靴を楽しめる作品です。
何故ロック?と思いながらも結構合うなぁと思った音楽も。

マリー・アントワネットは我が儘で浪費家で・・・と色々言われたりしてますが、本当は明るく優しく誰からも好かれるような女性だったという話しも聞きます。
処刑されるまで暮らしていた牢屋の門番や世話する人々にも好かれていたとか。
あの有名な「パンが無ければケーキを食べればいいのに」という言葉も彼女が言ったことではないという説もあるし。
14歳で見知らぬ国へたった1人で嫁ぎ、華やかながらもプライバシーのない宮殿生活で、通常の庶民の生活や気持ちを理解しなさいと言うのも難しいですよね。
当時のフランス宮廷にそういったことをきちんと把握して意見できる人がいたら良かったのでしょうが。
きっと、もうちょっと前の時代だったら何の問題もなく華やかで贅沢な生活をした、いち王妃だったんだろうなぁ。
そうすると、ここまで有名な王妃にはなっていないでしょうが・・・


主演のキルスティン・ダンストがとにかくかわいい。
「スパイダーマン」で始めて見た時はそれほど魅力を感じなかったのだけど、その後、色々な映画を観ているうちに彼女ってきれいかわいーなぁと思えるように。
実は子役から活躍していて、女優としての経験が長く豊富というのも意外でした。
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(トム・クルーズ、ブラッド・ピット出演)で姿は幼くかわいらしいけど、何百年?も生きているクローディア役を演じた女の子と知って、
「あー!あの女の子って彼女だったんだぁ。」と、ちょっとびっくり。
ファーストキスがブラピといううらやましい?経験ありなのですよ。
当時まだ子供だった彼女は「おじさんとキスなんてイヤ!」って思ってたらしいですが^^;
インタビューでそんなようなこと言ってました。






2007⁄02⁄22 00:32 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








BUDDY BUDDY


創成川沿いの2階建て赤レンガの建物。
中は吹き抜けになっていて広々とした空間。
オールドアメリカンな店内がすごく良い感じ。

赤レンガが目印 階段を上がって入ります

アメリカ南部の料理&音楽&雰囲気を満喫~

ピクルス&オリーブの盛り合わせ フライドシュリンプサラダ

ピクルス&オリーブの盛り合わせ
   オリーブ大好き美味しいわぁ~
フライドシュリンプサラダ   カリッと揚がったエビが美味しいぃ~
   気をつけないと口に刺さるけれど・・・
  
バッファローチキンウイング クーポンでピザ

バッファローチキンウイング
 ちょっとラテンな感じのかっこいーお兄さんお勧め
ピザ(クーポンサービス)

カクテル1 カクテル2

カクテルはかなり種類がありますねー。
「こんな感じのが飲みたい」と希望や好みを伝えると先ほどのラテンなお兄さんがチョイスしてくれます^^

びみょーに中途半端な場所(大通からも札幌駅からも中間)にあるのになかなか人気。
遅い時間になればなるほど混んでいく感じ。

前に来たときには外人のグループがいくつかのテーブルを占めていて、益々アメリカンな雰囲気だったんだよぉーと友人。

今回は一人もいなくてちょっと残念^^;

けど、なんだか落ち着くので話が弾みお酒もすすむ。
お気に入りカクテルも見つけたし。
そして、次回はジャンバラヤが食べたぁーい


BUDDY BUDDY
札幌市中央区北2条東1丁目
Tel 011-271-8882
11:30~14:30(平日のみ)
17:00~2:00(L.O 24:00)
定休日なし








2007⁄02⁄19 00:41 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








札幌牛亭(ふたたび)


またまたファクトリーの「札幌牛亭」へ。

今回は気になっていたハンバーガーを注文。
丁度スープとセットが新登場となっていたので、かぼちゃスープと共に。
バーガーセット(バーガーとポテトとドリンク)+スープで1,080円です。

特製ハンバーガー アップ

有機野菜、特製バンズ、特製ソース・・・色々とこだわっていると書いてありました。
パン好きとしては期待~

ん?パンがいまいち美味しく感じない・・・
んー。期待しすぎちゃったかしらぁ^^;

にこちゃん、星、月の形のポテトフライがかわいー

かぼちゃのスープ ポテトかわいー


ここのお店はやっぱりロコモコ丼だわぁー
真夜中なのに思い出したらお腹空いてきちゃった








2007⁄02⁄16 02:29 カテゴリー:未分類 comment(8) trackback(0)
▲pagetop








エルドール


チョコレートイベント(違うって・・・)も終わってしまいましたね。

丸井今井では「サロン・ド・ショコラ」が大盛況だったよーで。
ちらちらっと見に行ってみたけれど、結局有名なパティシエのチョコは買わず。
何度か通った友人の話を聞くと、んーやっぱり食べてみれば良かったなーと後悔してみたり。
けれど高いのよねぇ・・・かなり。
来年の為にチョコレート貯金をしなくちゃ

で、今年は「エルドール」のチョコレートケーキを食べました。
(食べないで終わるってことはないの^^;)

エルドールのチョコケーキ

表面見る限りでは固そうに見えるけど、すっごくしっとりぃ~
なめらか~なチョコレートケーキです
中にはクリームが

昨年のお返しにもらった「金のショコラ」というチョコレートケーキも美味しいぃぃーって思ったんだったわ。
こちらのお店はチョコレートが得意なのかしらん。









2007⁄02⁄16 02:16 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








麺屋 chi chi


飛び入り成功。とはこのこと。
ドライブ行く延長上にあったお店。
おいしかったです。
このレポートを書いているあいだもおもいだしてよだれがたれそうになります。

chichi看板


ここは白味噌と赤味噌を選んで注文できます。

白味噌 赤味噌

白味噌大好きなー相方、白味噌
赤味噌も大好きなー私、赤味噌(ともに¥700)

炒飯

っとおまけに豚キムチャーハン(¥250)

いやー、うまいね。びっくりですね。
大好きなもやしもトッピングされてたし
白と赤ともにコクがあって最後まで全然飽きない。
スープもがんがん飲めちゃうです。

チャーハンもこしょうがばっちりきいてすごくおいしかったです。
チャーハンは¥200~¥300くらいで他の味もあるし、なんといっても頼みやすい安めな価格がオススメ。

ちなみにラーメン共和国にも出店してるみたいです。
・・・・全然知らなかった・・・。

そして・・・食べ過ぎてのちに二人でお腹を壊したのは内緒でお願いしますね(笑)。


本日


麺屋 chi chi
住所:札幌市清田区美しが丘3条1丁目
電話:011-882-0171
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日



ひろダンさん、いつもありがとぉーです!
ちゃくちゃくとラーメン食べ歩いてるねー。
これからも楽しみですわぁ。
お腹は大丈夫?







2007⁄02⁄14 01:37 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








幸せのちから


連休中のほほぉ~んとしていてパソから遠く離れちゃってました。
挽回挽回・・・^^;


ウィル・スミスが実の息子と競演した話題の映画ですね。

舞台はサンフランシスコ。
主人公のクリス・ガードナーは実在の人物。
自ら起ち上げた投資会社で億万長者となる前、どん底から努力と才覚で成功を収めたまさにアメリカンドリームな実体験の映画化。

バスの中 いつも一緒に


夢を託して買い込んだ骨密度を測る機械のセールスをするも、なかなか売れず苦しい生活。
こんな生活から抜け出そうと証券会社の研修に申し込んだガードナー。
採用されるのはたった1人。
しかも研修期間の6ヶ月間は無給で働かなくてはならない。

妻は、あくせく働いても家賃すら払うことができない生活に嫌気がさして家を出て行く。
ガードナーは、どんな逆境にあっても息子は絶対に手放さないと決意。
研修を受けつつ、週末には機械のセールスをして生活費を稼ぎながらなんとか数ヶ月。
最後の機械が売れてなんとか研修期間中は大丈夫!と思った矢先、無情にも税金をとられてしまう
残ったのはわずか21ドル。

5歳の幼い息子をかかえて、駅のトイレで夜を明かしたり、教会のホームレスに提供するベッドを確保するため長蛇の列に並んだり・・・

それでも息子に対する愛情は揺るがない。
どんなに追いつめられても息子のために、息子と共に頑張る。
そんな姿を見て、父親を信じ健気についていく息子。
親子の強い絆に感動します。


息子役はウィル・スミスの実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
(ちょっと長いけど響きというかリズムいい名前。さすがはミュージシャン>ウィル・スミス。関係ないかしら・・・^^;)

正式なオーディションで選ばれただけのことはある。
表情から何からとても自然で目を惹きつける。
映画初出演とは思えな~い。
しっかりと両親の才能を受け継いでるんですねぇ。

成功物語ではあるけど、何といっても親子の強い絆や深い愛情をひしっと感じることができるヒューマンストーリーです。
見終わった後に、子供に限らず身近な人にいっぱいの愛情を注ぎたくなるかも。







2007⁄02⁄12 23:33 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








春いちご


柳月の2月の和菓子「春いちご」
通りすがりにピンクの固まりが目に入ってきて衝動買い。
春~な感じで美味しそう。

春いちごパッケージ いちご餡♪

外側のピンク部分はいちご餡で、内側はやわらか~いお餅です。
赤福ピンクバージョンみたいな。
(ちょっと違うか・・・)

ここのお菓子はリーズナブルで美味しいのでちょくちょく買っちゃいます。
買う気がない時でもお店の前を通ると目に入ってくるのー。
高いとまた次回にでもって思うんだけど、お手頃価格だと財布のヒモもゆるむわぁ。


ここと同じくらい衝動買いしちゃうのが六花亭
やっぱりお手頃価格で美味しいので。
月替わりのお菓子が楽しみなのです^^

外が吹雪いてるのでちょっとでも春気分になれるように。
まずはお菓子で春を感じる
週末にはご飯で春を感じなくては~








2007⁄02⁄06 18:24 カテゴリー:未分類 comment(8) trackback(0)
▲pagetop








伝えましょう食の味方~食育


ひろダンさんから、デリシャス~♪に大切な要素であるレポをもらったので、ここで紹介します。
『食育』最近よく聞きますよね。
単なる流行言葉ではなく、本当に大切なことなんだと思います。



自分の中の食に対する思いというのは様々だと思います。
しょっぱいのが好きだったり甘いのが好きだったり、好みはいろいろありますよね。
ですが、一番の基本はやっぱり母の味だと私は思うんです。
夕食を作っていて「あ、失敗した!」とおもって味付けをしなおすと、最後は母の味になってしまう事がたびたびあります。
うちの母は、すきやきとおでんと煮しめがほぼ同じ味がするため、毎日同じ食べ物を食べている気分になるほど味には鈍感です。
でも、本人が言うには

「昔は、油は高くて買えないし、あるといったら“いも”くらいしかなかった時代。だから料理の味付けができなくても仕方がない」

とよく言っています。

それから比べると今は手軽にいろいろな食材が手に入るようになりました。
若い頃を現代に生きる私は、食材に関しては非常に恵まれています。
食品売り場に足を踏み入れると、いろいろな種類の野菜やお肉、お魚があります。
これらの食材、調味料を使い分けることによって何万通りもの料理を作る事ができるのです。
時には成功し、時には大失敗を繰り返しながら料理は上達していきます。

人に「おいしい」と言われると嬉しくて次もまた頑張ろうって気持ちになれます。
料理が一番楽しいと思える瞬間は人から「おいしい」と言われるのが一番な事なんじゃないのかなぁと私はおもいます。

きっとみなさんもそうですよね。

それなのに現代の若い人は料理をしない人、どう料理したらいいか知らない人が増えているのではないでしょうか。
私も数年前までは料理はまったくできず、レトルトを使ったカレーすらまともに作れたことはありませんでした。

調理をする人は必ずといっていいほど意識する旬の食材の活用や、食材に含まれている栄養を意識した生活習慣病の防止料理などなど・・・
もちろん私はまったく気にかけたことなどありませんでした。
その当時付き合っていた彼氏にお弁当を作ったとき、「こんなの料理っていわない」とか「まずくて噛む事ができない」って言われた事があったんですが、今思えば当然の結果です。
その時のお弁当のおかずは野菜に火が均等に通っておらず、食材を全く生かしきれていなかったしかったんです。

でももしかしたらそんな私でもまだマシな方だったかもしれません。
だって食に対する危機的状況を改善・回避するための法律ができちゃったんですもの。

なにかの本に“落し蓋”ってどんなブタ?なんて発言する若い子がいたとか書いてありました。
それほど食に対する知識が低下しているってことです。

そんな若い子の味方、それが「食育法」
文字のとおり「食べ物の知識や栄養について教育する」いう意味です。
その内容はバランスの良い食事を取るための知識を身に付けるだけではなく、わが国の食習慣、社会性、食文化を理解したりすることまでも含む、幅広い教育を指しているというもの


食育を学ぶには色々な手段があります。
例えば学校、インターネット、新聞etc・・・。
一番習得しやすい環境はなんといっても家庭でしょう。
料理を始めようとおもった時、やはり目に浮かぶのは母の料理している姿です。
いくら味付けがヘタでも、ダシのとりかた、包丁の使い方といった基本的な事は母の後ろ姿から学ぶ事ができました。
これが私にとっての家庭で学んだ食育の原点です。
今は料理を知らない若い人が増えてきていますが、そのままだと食育は受け継がれません。
せっかく自分の考えを取り入れ発展させやすい時代なのですからもっと有効的に活用するべきだと私は思います。


参考記事









2007⁄02⁄05 23:49 カテゴリー:未分類 comment(8) trackback(0)
▲pagetop








ガスとめられる。


今日はまいっちゃいました。

お休みなので、のぉーんびりダラダラっとして、お味噌汁を温めようと思ったらガスがつかない?!
あれれガス台壊れた
電池かなぁ・・・

で、電池を取り替えてもやっぱりつかない。

んー。やっぱり壊れちゃったのぉぉ


気を取り直してシャワーを浴びようと思ったら、
いつまでたってもお湯が出ない

裸で給湯器と格闘してたら風邪ひいちゃうわぁ。
もいちど服着て、ガス緊急センターへ電話。


故障か何かの心配をしてたんだけど(最近色々事件あったし)。
ガスメーター確認してくださいと言われ、見に行ったら赤札が。
『ガス閉栓中』
そのことを伝えると、「料金滞納とかしてませんか?」と聞かれる・・・

えっ

「引き落としなので大丈夫だと思いますが、何か問題あったとしても何の連絡も警告もなくいきなりとめるもんなんですか?」
と、逆に質問しちゃいましたよぉ。

「担当の会社に連絡して確認してみますね」と言ってくださったので、とりあえずこのまま待つことに。

再度電話がきて、「これからすぐ伺うそうです」と。
で、来てすぐ使える状態に戻してくれました。

理由を聞くと、「いやぁーお隣さんと間違えちゃったんですねー。すいませんねー」と軽く言われる。

おぉーい・・・^^;
すごくすごーく焦ったんですけど。

はぁーあ。

まぁ。故障や事故じゃーなくって良かったんですけどぉ。
ライフラインが使えなくなるってホントに不便なもんですねー。
思わぬところで実感しました。









2007⁄02⁄04 23:34 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








あるいは裏切りという名の犬


ロコモコ丼を食べた日に観た映画でーす。

この映画、ストーリーがだいたいわかった後に観たとしても楽しめる映画かなぁーと思うのです。
全然知らないっていう人にはこのくらいのベースがないと観たい!って思ってもらえないかも?と思ったり・・・
フランス映画って好みが別れると思うので。
なのでいつもより多め?にあらすじ書いてます。
知らない状態で観るのが好きという方は、適当に飛ばすか斜め読みしてください^^ゞ


ヴリンクスとチーム 愛する妻と

フランス映画だからこそ出せたディテールに惹きこまれました。

36番地パリ警視庁が舞台。
部下からの人望厚く現場を愛するヴリンクス警視率いるチームBRI(探索出動班)、出世欲が強くどんな手を使ってでも権力を手に入れようとするクラン警視率いるチームBRB(強盗鎮圧班)は対立している。

二人の警視はかつて同じ女性を愛したことがあり、彼女はヴリンクス警視の妻に。
仕事でもヴリンクスが次期長官候補として有力と知り平静ではいられないクラン。
そんな中、ヴリンクスが指揮をとることになった現金輸送車強奪犯逮捕の作戦中に、クランが単独行動に出て銃撃戦に発展。
ヴリンクスの親友で相棒の刑事が撃たれて死亡、チームの女性刑事が人質となり犯人に逃げられてしまう。

情報屋から手に入れた情報を元に強奪犯を逮捕して賞賛されるヴリンクス。
単独行動で作戦を失敗に導いた責任を問われているクラン。
出世を熱望しているクランにとっては絶体絶命の状態。
そんな時にヴリンクスと情報屋との関係がクランにもたらされる。
クランの密告によりヴリンクスは逮捕されてしまう。

そうして、手柄を立てようとするクランの行動でヴリンクスの妻が巻き込まれ・・・

出所後ヴリンクスが出た行動とは・・・


ちょっと長~くなりましたけど、どうですかぁ
気になりましたか
気になってくれるとうれしーなぁ~^^

ヴリンクスの人とのつながりを大切にする様子が、部下や友人、妻と娘との接し方に現れています。
誰からも妻からさえも信頼されていないクランとは対照的。

そんなヴリンクスの昔気質な男を感じて、おじさんでもこんなにかっこいー
さすがはフランス男だわぁーと、重厚なストーリーを追いつつもそぉーんなことをチラッと思ったりしている私・・・^^;あう。

そして気になった人がもう一人。
ヴリンクスの部下ティティ
いい奴だぁー。


女性の方はぜひ、ヴリンクスの男気を感じてください。
もちろん、男性が観ても充分満足できる映画ではないかと。







2007⁄02⁄03 01:46 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








札幌牛亭


高いのかなぁーと思っていたお店ですが、思ってたよりリーズナブル
札幌ファクトリーのアトリウムにあるハンバーグのお店です。
昨年オープン。

店内入り口付近

牛亭丼(ロコモコ風)は890円
ジャンボサイズもありまーす。

ロコモコ丼 杏仁豆腐&珈琲


映画のチケットを提示するとデザート(アイスクリーム、杏仁豆腐)orドリンクがサービスです。
通常でも各250円なので高くはないですが、サービスされるというのはうれしーですねー

今回はロコモコ丼+珈琲+サービスで杏仁豆腐=1,140円でした。
安いのに満腹満足

ハンバーグにかかっているソースもちゃんとした手作りで、創業から変わらない味だとか。
スパイスが効いていてなかなか美味しい~

メニューにロコモコ丼の食べ方なるものが載っていたので、その通りに食べてみました^^
最初はハンバーグとソースのそのままの味を味わい、その後に卵の黄身をわってソースとからめて。
最後はサラダも一緒に混ぜ合わせて~
表現は何ですけど、ぐちゃぐちゃーと混ぜ合わせて食べるのが良いよーですねー
美味しかったぁ。


一日30食だったか50食だったかの限定でハンバーガーもあります。
有機野菜を使ったり、ハンバーグと同じソースを使ったり。
バンズにもこだわっていてTVチャンピオンで2度優勝したパン職人の立原さん特性のを使っているようです。

普通のハンバーグメニューもサイズ選べてセットにもできてといい感じかなぁ。
牛亭って高いイメージがあったけど、これならちょくちょく食べにこれちゃうって思いましたねー。
(けど本店はやっぱり高いイメージあるなぁ。ステーキがメインだからかなぁ)

そーそー。
映画のチケットを提示したってことは映画を観たのですねー。
それはまた明日にでもぉ~


札幌牛亭 札幌ファクトリー店
札幌市中央区北2東4丁目
札幌ファクトリー3条館1F
Tel 011-271-3700
Open 11:00~22:00








2007⁄02⁄02 01:01 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








定食屋レストランJinbei


ひろダンさんが満腹になった定食屋さんをレポしてくれましたぁ。
色々こまめにレポしてくれてうれしーですわ


jinbei看板

すごい行くってワケではないのですが(普段はラーメンばかりなため)、たまにはご飯物も食べたくなった時は定食屋にも行きます。

ここのオススメは「産地直送」のお魚定食みたいです。
ってことで。ねぎとろ定食(890円くらい)を頼んでみました。
日替わりメニューも捨てがたかったので一緒にいた人はメンチカツ定食(850円くらい)

ねぎとろ定食 メンチカツ定食

あと、たった¥100だったので揚げだし豆腐も注文しちゃいました。

揚げだし豆腐

新鮮な魚介類大好きなんで、新鮮じゃないと食べれないものが多々ある私。
はじめて食べる店ではちょっとドキドキします。
定食屋というからあれかなーなんて思っていましたが、すっごいおいしかったです。
お店の雰囲気も女性向けというかなんというか、女性一人でも全然だなーって思っちゃいました。
それにご飯の量を少なめで注文できますし。
(20円ですが引いてくれます)
だれにでも好かれそうな味がとっても好印象でした


定食屋 レストランjinbei
厚別店
住所:札幌市厚別区厚別南4丁目29-1
電話:011-801-1515
営業時間:11:00-23:00 オーダーストップ22:30

福住店
住所:札幌市豊平区福住2条5丁目1-1
電話:011-859-8005
営業時間:11:00-23:00 オーダーストップ22:30

菊水元町店
住所:札幌市白石区菊水元町6条1丁目1-1
電話:011-873-1500
営業時間:11:00-23:00 オーダーストップ22:30



揚げだし豆腐好きぃー
100円って安いねー
お手頃価格の定食屋さんなのに「産地直送」って良いですねー^^





2007⁄02⁄01 00:24 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

rurutoto

Author:rurutoto
rurutotoで~す。
勝手きままにデリシャスな日々。
あちこちぐるぐる~
デリシャスの輪ができたらいーな。


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


過去ログ


▲pagetop



Copyright © 2007 にゃんてデリシャスin札幌. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。