cafe好きパン好きスイーツ好き♪ 美味しいものを求めてあちこちぐるぐる~ そんな食いしん坊のお気に入りあれこれ。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








幸せのちから


連休中のほほぉ~んとしていてパソから遠く離れちゃってました。
挽回挽回・・・^^;


ウィル・スミスが実の息子と競演した話題の映画ですね。

舞台はサンフランシスコ。
主人公のクリス・ガードナーは実在の人物。
自ら起ち上げた投資会社で億万長者となる前、どん底から努力と才覚で成功を収めたまさにアメリカンドリームな実体験の映画化。

バスの中 いつも一緒に


夢を託して買い込んだ骨密度を測る機械のセールスをするも、なかなか売れず苦しい生活。
こんな生活から抜け出そうと証券会社の研修に申し込んだガードナー。
採用されるのはたった1人。
しかも研修期間の6ヶ月間は無給で働かなくてはならない。

妻は、あくせく働いても家賃すら払うことができない生活に嫌気がさして家を出て行く。
ガードナーは、どんな逆境にあっても息子は絶対に手放さないと決意。
研修を受けつつ、週末には機械のセールスをして生活費を稼ぎながらなんとか数ヶ月。
最後の機械が売れてなんとか研修期間中は大丈夫!と思った矢先、無情にも税金をとられてしまう
残ったのはわずか21ドル。

5歳の幼い息子をかかえて、駅のトイレで夜を明かしたり、教会のホームレスに提供するベッドを確保するため長蛇の列に並んだり・・・

それでも息子に対する愛情は揺るがない。
どんなに追いつめられても息子のために、息子と共に頑張る。
そんな姿を見て、父親を信じ健気についていく息子。
親子の強い絆に感動します。


息子役はウィル・スミスの実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
(ちょっと長いけど響きというかリズムいい名前。さすがはミュージシャン>ウィル・スミス。関係ないかしら・・・^^;)

正式なオーディションで選ばれただけのことはある。
表情から何からとても自然で目を惹きつける。
映画初出演とは思えな~い。
しっかりと両親の才能を受け継いでるんですねぇ。

成功物語ではあるけど、何といっても親子の強い絆や深い愛情をひしっと感じることができるヒューマンストーリーです。
見終わった後に、子供に限らず身近な人にいっぱいの愛情を注ぎたくなるかも。




スポンサーサイト



2007⁄02⁄12 23:33 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

rurutoto

Author:rurutoto
rurutotoで~す。
勝手きままにデリシャスな日々。
あちこちぐるぐる~
デリシャスの輪ができたらいーな。


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


過去ログ


▲pagetop



Copyright © 2007 にゃんてデリシャスin札幌. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。