cafe好きパン好きスイーツ好き♪ 美味しいものを求めてあちこちぐるぐる~ そんな食いしん坊のお気に入りあれこれ。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








伝えましょう食の味方~食育


ひろダンさんから、デリシャス~♪に大切な要素であるレポをもらったので、ここで紹介します。
『食育』最近よく聞きますよね。
単なる流行言葉ではなく、本当に大切なことなんだと思います。



自分の中の食に対する思いというのは様々だと思います。
しょっぱいのが好きだったり甘いのが好きだったり、好みはいろいろありますよね。
ですが、一番の基本はやっぱり母の味だと私は思うんです。
夕食を作っていて「あ、失敗した!」とおもって味付けをしなおすと、最後は母の味になってしまう事がたびたびあります。
うちの母は、すきやきとおでんと煮しめがほぼ同じ味がするため、毎日同じ食べ物を食べている気分になるほど味には鈍感です。
でも、本人が言うには

「昔は、油は高くて買えないし、あるといったら“いも”くらいしかなかった時代。だから料理の味付けができなくても仕方がない」

とよく言っています。

それから比べると今は手軽にいろいろな食材が手に入るようになりました。
若い頃を現代に生きる私は、食材に関しては非常に恵まれています。
食品売り場に足を踏み入れると、いろいろな種類の野菜やお肉、お魚があります。
これらの食材、調味料を使い分けることによって何万通りもの料理を作る事ができるのです。
時には成功し、時には大失敗を繰り返しながら料理は上達していきます。

人に「おいしい」と言われると嬉しくて次もまた頑張ろうって気持ちになれます。
料理が一番楽しいと思える瞬間は人から「おいしい」と言われるのが一番な事なんじゃないのかなぁと私はおもいます。

きっとみなさんもそうですよね。

それなのに現代の若い人は料理をしない人、どう料理したらいいか知らない人が増えているのではないでしょうか。
私も数年前までは料理はまったくできず、レトルトを使ったカレーすらまともに作れたことはありませんでした。

調理をする人は必ずといっていいほど意識する旬の食材の活用や、食材に含まれている栄養を意識した生活習慣病の防止料理などなど・・・
もちろん私はまったく気にかけたことなどありませんでした。
その当時付き合っていた彼氏にお弁当を作ったとき、「こんなの料理っていわない」とか「まずくて噛む事ができない」って言われた事があったんですが、今思えば当然の結果です。
その時のお弁当のおかずは野菜に火が均等に通っておらず、食材を全く生かしきれていなかったしかったんです。

でももしかしたらそんな私でもまだマシな方だったかもしれません。
だって食に対する危機的状況を改善・回避するための法律ができちゃったんですもの。

なにかの本に“落し蓋”ってどんなブタ?なんて発言する若い子がいたとか書いてありました。
それほど食に対する知識が低下しているってことです。

そんな若い子の味方、それが「食育法」
文字のとおり「食べ物の知識や栄養について教育する」いう意味です。
その内容はバランスの良い食事を取るための知識を身に付けるだけではなく、わが国の食習慣、社会性、食文化を理解したりすることまでも含む、幅広い教育を指しているというもの


食育を学ぶには色々な手段があります。
例えば学校、インターネット、新聞etc・・・。
一番習得しやすい環境はなんといっても家庭でしょう。
料理を始めようとおもった時、やはり目に浮かぶのは母の料理している姿です。
いくら味付けがヘタでも、ダシのとりかた、包丁の使い方といった基本的な事は母の後ろ姿から学ぶ事ができました。
これが私にとっての家庭で学んだ食育の原点です。
今は料理を知らない若い人が増えてきていますが、そのままだと食育は受け継がれません。
せっかく自分の考えを取り入れ発展させやすい時代なのですからもっと有効的に活用するべきだと私は思います。


参考記事



スポンサーサイト






2007⁄02⁄05 23:49 カテゴリー:未分類 comment(8) trackback(0)
▲pagetop












コメント



rurutotoさん
食育に対する教育は大切ですね。
リゾット 玉ねぎ 取り出して香りと甘み付け使います、たべるときじゃまになりますから。
 ロイヤルコペンハーゲン良い食器ですね。
がんばりましょう。
2007/02/06 07:54URL | ryuji_s1[ 編集]


そうですね。お料理って、作れば作るほど喜びを味わえますものね☆
「美味しい」と言ってもらえるようなレシピを、たくさん持ちたいです(o^-^o)
2007/02/06 17:05URL | nene[ 編集]

ryuji_s1 さん♪
ryujiさんのお孫さんは幸せですねー!
おじい様が素晴らしい料理人なんですもの。
家族みんなグルメ~なんでしょうね。
ふむふむ。
お料理は舌に感じる触感も大切ですよね。

2007/02/06 18:09URL | rurutoto[ 編集]

nene さん♪
料理って作り始めるとすごーく楽しいですよねー♪
私もまだまだ出されるものを食べる楽しみの方が多いのですが・・・^^;
「美味しい」レシピ増やしたいですねー(*^▽^*)
2007/02/06 18:11URL | rurutoto[ 編集]


rurutotoさん
食育、気を使っています。
ペンネのトマトソースグラタン
美味しいです。ぜひおためしくださいね


2007/02/06 18:52URL | ryuji_s1[ 編集]


落し蓋のネタ、私が20代(今から30年近く前)からあります。
ネタです。この話は
関連ネタではびっくり水をお店に買いに行った人がいますよ。

常識のない人はどの時代にもいます。

あまり大げさに食育と関連付けないように。
自分の味覚、食生活を注意深く守り、そこから食べることをはじめましょう。

そして、あなたの食生活、本当に食育を叫ぶほどたいしたものか、みんなで振り返りましょう。
私はインスタントラーメンも大好きな、堕落食生活をしてますから、食育について大きな顔はできません。
2007/02/10 00:10URL | getemonogui[ 編集]

getemonogui さん♪
初めまして~
そーですね。落し蓋やびっくり水のネタは昔からよく聞きますね。
そーゆー勘違いもあるんだーと笑えちゃいますね。

getemonogui さんの言うように、食生活や食育のことはあまりきっちり考えすぎないで良いと思います。
きっちきちにすると疲れちゃいますものね。
私もてきとーな食事で済ませてしまう日が続いたりすると、これではいけない!って頑張ってみたり、頑張りすぎたら疲れちゃって手を抜いてみたり・・・^^;ですから。
2007/02/12 23:54URL | rurutoto[ 編集]

getemonoguiさん。
初コメントありがとうございます!
いろいろな方の意見が聞けて大変参考になります。
食育はもう登場しないかもしれませんが、これからもテーマを決めてたくさん書こうと思いますので、是非またご訪問ください♪&意見もよろしくお願いします!!
2007/02/13 19:53URL | ひろダン[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

プロフィール

rurutoto

Author:rurutoto
rurutotoで~す。
勝手きままにデリシャスな日々。
あちこちぐるぐる~
デリシャスの輪ができたらいーな。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


過去ログ


▲pagetop



Copyright © 2017 にゃんてデリシャスin札幌. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。